全学入試センターについて

全学入試センターについて
HOME > 全学入試センターについて

「全学入試センター」とは

全学入試センターのミッションは大きく入試企画広報と入試情報処理に分かれています。現在6人の専任・特任教員が所属しており、入試課と互いに協力し合いながら仕事を進めています。

入試企画広報は、入試データの分析や入学後の追跡調査結果などを踏まえて選抜方法の改善提案を各学部に行うほか、学生募集のための入試広報活動が主な業務です。また、入試情報処理はその名のとおり、試験実施後に合否判定用資料を各学部に提供することなどを主たる業務としています。

専任・特任教員

〔 静岡キャンパス 〕
 雨森 聡(准教授)
 宇佐美壽英(特任教授)
 望月 近美(特任教授)
 酒井 行男(特任教授)
〔 浜松キャンパス 〕
 寺田 秀文(准教授)
 田中 勝(特任教授)

進学相談に来られる受験生・高校生の皆様に(おねがい)

静岡大学では、静岡県内の国公立大学が合同で実施する「4大学合同進学相談会」、東海・北陸・信州エリアの国立大学による「国立12大学合同進学相談会」など、さまざまな会場で受験生・高校生・保護者の皆様からのご相談に応じています。
遠方から来られる方も多く、皆様からの質問に効率よくお応えしたいのですが、最近、ズラリと並んだ同じ高校の生徒さんから、同じ順序で「どのような学部がありますか」「大学ができて何年になりますか」といった、判で押したような同一の質問をされるケースがあります。他に待っておられる方もいますので、設置されている学部や学科の概要程度は、あらかじめウェブサイト等で調べてからお越しください。