HOME > キャンパスライフ > 奨学金/日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金

 
日本学生支援機構奨学金在学採用募集期間再延長について
 日本学生支援機構奨学金在学採用(給付・貸与(大学院生は貸与のみ))の申請資料配布は、5/18(月)まで期限を延長しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響による授業延期等を考慮し、6/15(月)まで再延長することとしました。採用月・申請期限など相違はありますが、通常の定期採用と同様の手続きでの申請が可能となります。静岡キャンパス・浜松キャンパスの学部生と修士課程の学生は、事務担当窓口までお問い合わせください。
 博士課程の学生については、別途申請期間が設けられておりますので、浜松総務課大学院博士課程係までお問い合わせください。
 なお、令和元年度以前から在学している学部学生は、給付奨学金(修学支援新制度)に申請した場合、経過措置として従来の授業料免除制度へ併せて申請することが可能です。(令和2年度新入生は、給付奨学金申請者であっても、経過措置の対象とはなりません。) 修学支援新制度、経過措置(従来の授業料免除制度)については下記URLをご確認ください。
https://www.shizuoka.ac.jp/campuslife/tuition/exemption/index.html

※新規で奨学金を申請希望の方が対象です。既に奨学金に採用されている方、現在奨学金に申請中の方は資料を取りに来る必要はありません。
     
新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した学生等への支援について
 「新型コロナウイルス感染症に係る影響による収入減少があった者等を支援対象として、国及び地方公共団体が実施する公的支援の受給証明書」または、「これに類するものと認められる公的証明書」の提出ができる場合、 修学支援新制度(給付奨学金・入学料/授業料減免)の家計急変者として支援対象となる可能性があります。(大学院生・私費外国人留学生は対象外です。) 詳細は、事務担当窓口までお問い合わせください。

※日本学生支援機構より、証明書類の拡充する旨の通知がなされました。これにより、公的支援の受給証明書等の提出ができない場合でも、申請が可能となる場合があります。詳細は、下記日本学生支援機構通知を参照した上で、事務担当窓口までお問い合わせください。

在学採用面談(学部生)の開催について
 新型コロナウイルスによる全国規模の緊急事態宣言が発せられ、新型コロナウイルス感染症における静岡大学活動指針として、「学部学生・大学院生は原則登校を控える。登校した場合も大学滞在は最短時間とする。」とされておりますが、日本学生支援機構奨学金在学採用(貸与奨学金・給付奨学金)の面談については、学生生活の安定等を考慮し、下記の通り開催することといたしました。

 ただし、
 ・既に奨学金に採用されていて、新規の申請を希望してはいない者
 ・高等学校等からの予約採用者で、新規の申請を希望してはいない者
 ・大学院生
 は対象外ですのでご注意ください。

(お知らせ)日本学生支援機構奨学金説明会の内容変更について

 令和2年4月9日(木)開催が予定されている、日本学生支援機構奨学金予約採用説明会及び在学採用説明会は、新型コロナウイルス感染予防の観点から、当日は資料配布のみ実施することとなりました。
 また、予約採用説明会対象者(令和2年度大学等奨学生採用候補者決定通知書を持っている方)は、当日大学等奨学生採用候補者決定通知書及び添付書類を回収いたしますので、必要事項を説明会までに記入しておくようにしてください。

 詳細は、下記資料を参照してください。

 

4月9日(木)の説明会へ参加できなかった学部生について
 4月9日(木)に行われた予約採用・在学採用説明会へ参加できなかった学部生については、4月17日(金)までに、下記事務担当窓口まで書類を取りに来てください。予約採用説明会対象者については、「令和2年度大学等採用候補者決定通知」等の提出書類を持参するようにしてください。
 期限までに窓口へ来ることが厳しい場合は、下記事務担当窓口までお問い合わせください。
大学院生(静岡キャンパス)の日本学生支援機構奨学金在学採用申請について
 静岡キャンパスの大学院生を対象に、4月13日(月)~4月17日(金)の期間中に、日本学生支援機構奨学金在学採用申請書類を配布しています。
 希望者は、学生生活課奨学係(共通教育A棟3階)まで取りに来るようにしてください。期限までに窓口へ来ることが厳しい場合は、学生生活課奨学係(054-238-4460)までお問い合わせください。
日本学生支援機構奨学金の情報

日本学生支援機構奨学金の制度は、次の日本学生支援機構ホームページ等からご覧ください。

事務担当窓口

奨学金に関する相談は又は手続きは、次の奨学金担当窓口で行います。
なお、学内の学籍異動に関わる異動(休学・留学・復学・退学)は、各学部学務係に書類を提出しますのでご注意ください。
詳しくは、下記「異動時にかかる各種書類の提出について」をご覧ください。

キャンパス 奨学金担当窓口
静 岡
学生生活課奨学係(共通教育A棟3階) 054-238-4460
※夜間主コースの学生は、人文社会科学部学務係でも受け付けます。
浜 松
浜松学生支援課 学生支援係(S-Port1階) 053-478-1011
令和2年度 各種手続・流れ

静岡大学では、奨学金の募集や貸与中の継続手続き等の各手続きを次の予定で行いますので、対象者は必ず出席してください。
質問や相談は各奨学金担当窓口へ直接申し出るようにしてください。


各種手続・流れ 予約採用 在学採用 返還誓約書提出 継続説明会 奨学金継続願提出 適格認定 適格認定 奨学金継続願提出 返還説明会 返還免除申込

緊急採用・応急採用(定期採用外)

上記の定期採用とは別に、家計支持者の失業、病気、死亡等または風水害等の災害により家計が急変して、奨学金を緊急に必要とする学生に対して次の奨学金があります。随時募集していますので、奨学金担当窓口にご相談ください。

JASSO支援金(緊急時給付型奨学金)

自然災害等により居住する住宅に半壊以上等の被害を受けたことで、学生生活の継続に支障をきたした学生が、一日も早く通常の学生生活に復帰し学業を継続するための支援として、JASSO支援金の支給を行います。この奨学金は現在貸与中の学生以外でも申し込むことが可能です。

異動時にかかる各種書類の提出について
奨学生の異動等
休学、辞退、留学、退学、死亡、改氏名、連帯保証人の変更、転居などの異動があったときは速やかに届け出なければなりません。異動内容によって提出が必要な書類が異なります。以下の提出書類欄を参考に、下記担当窓口で書類を受け取ってください。
提出書類 添付書類 注意事項
辞退します 異動届 なし リレー口座加入申込の手続きと在学猶予の手続きをあわせて行ってください。
在学猶予を希望します 在学届 なし
留学・休学・復学・
退学します
異動届 なし 大学に提出する「休学願」などと併せて、所属の学務担当係に提出してください。
第一種奨学金の貸与月額を変更します
増額
第一種
貸与月額変更届
増額・減額
・連帯保証人・保証人の
「印鑑登録証明書」(人的保証の方)
・アパートの賃貸借契約書のコピー
(5.1万円希望者のみ)
案内事項があるので、記入する前に奨学金担当窓口までお越しください。

減額
なし
第二種奨学金の貸与月額を変更します
増額
第二種
貸与月額変更届
増額・減額
連帯保証人・保証人の「印鑑登録証明書」(人的保証の方) 案内事項があるので、記入する前に奨学金担当窓口までお越しください。

減額
なし
振込口座を変更します 振込口座変更届 通帳のコピー
(変更後の金融機関名・支店名・口座番号・本人名義が確認できるところ)
変更前の金融機関名等は記入不要です。
連帯保証人等の変更や改氏名等あります 連帯保証人・保証人等変更届 変更届にある「必要な添付書類」に該当する書類
住所が変更になりました 住所変更届 住民票(奨学生本人のみ) 住民票の提出は本人に住民票の異動があるときのみ。

<担当窓口>
静岡キャンパス:所属学部の学務係(学環の学生は学生生活課奨学係、創造の学生は理学部学務係へ)
浜松キャンパス:浜松学生支援課 学生支援係(S-port1階)  大学院博士課程係


留学継続(留学中に継続して貸与を希望する場合)
海外大学への留学に際して、現在貸与中の奨学金(第一種・第二種)を留学中も継続して受けられることがあります。

<学籍上の身分が【在学・留学】である場合>
留学中も貸与が認められます。

<学籍上の身分が【休学】である場合>
「留学奨学金継続願」の提出により奨学金の貸与が承認されることがあります。

※留学中は「休止」とし、第二種奨学金(短期留学)を申し込むこともできます。
 留学を希望する方は、留学する2ヶ月前までに奨学金担当窓口までご相談ください。

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。