国立大学法人 静岡大学

共同利用

国公私立大学における教育に係る施設については、教育上支障がないと認められるときは、他の大学の利用に供することができます。

質の高い教育を提供していくためには、個々の大学の取組だけでは限界があるため、他大学との連携を強化し、各大学の有する人的・物的資源の共同利用等の有効活用を推進することにより、大学教育全体として多様かつ高度な教育を展開していくことが必要です。

静岡大学農学部附属地域フィールド科学教育研究センター

静岡大学農学部附属地域フィールド科学教育研究センター持続型農業生態系部門(農場)と森林生態系部門(演習林)南アルプス(中川根)フィールドが、平成24年度「教育関係共同利用拠点 」として、7月31日、文部科学大臣から認定を受けました。

農林産関係の基本的実習教育を自然生態系、環境保全、防災科学、家政、健康科学、食物、福祉など幅広い分野の大学等に提供し、各分野の理解を深め、自然の恵みや命の営みの尊さなど豊かな人間性教育を行うために学生及び教職員に開放しています。ぜひご利用ください。

利用できるフィールドは、持続型農業生態系部門(農場)の藤枝フィールドと森林生態系部門(演習林)の天竜フィールドと南アルプスフィールドおよび協定型(静岡森林管理署)の富士フィールドです。

各フィールドで利用できる施設(宿泊を含む)、実習内容、申請に必要な書類並びに問い合わせ先については、下記のサイトをご覧下さい。