HOME > キャンパスライフ > 奨学金 > 各種奨学金

各種奨学金

奨学金は、日本学生支援機構奨学金の他に、地方公共団体、教育委員会及び民間の企業・財団が運営する奨学金があります。本学に募集のあった奨学金については、静岡キャンパスには学務部掲示板(共通教育A棟3階東側)、浜松キャンパスには各学部掲示板又は創造科学技術大学院掲示板に掲示しています。応募希望者は次のことに注意して申込みください。

□奨学金には、返還義務のない「給付型」と返還の義務を要する「貸与型」、条件を満たすことで貸与奨学金の全額又は一部金額が免除される「返還免除型」があります。

□募集には大学経由で募集を行うものと奨学団体が直接募集を行うものがあります。奨学団体が直接募集を行う奨学団体の中には、大学に情報提供されないものもありますので、それらは各奨学団体に直接お問い合わせください。
なお、各学部・研究科独自の奨学金は、各学部などの掲示板に掲示されます。

□応募希望者は、掲示板で確認後、次の窓口へお問い合わせください。

 静岡キャンパス:学生生活課奨学係  浜松キャンパス:浜松学生支援課奨学係、大学院博士課程係

下表は、本学に募集のあった奨学団体の一覧です。新規募集のある団体については、掲示板でお知らせします。

平成29年度本学に募集のあった奨学金一覧(給付型)

奨学団体名
(奨学金名)
対象学生 応募資格等
(注1)
給付月額
(注2)
応募方法 応募期限
(注3)
公益財団法人クマ財団
クリエイター奨学金
学部生
院生
クリエイターを目指し創作活動しており自作の作品を提出できる者 年:120万円 直接応募 3月上旬
一般財団法人
金澤磐夫記念財団
学部生
院生
平成29年4月から単位取得が目的で2年以上留学を希望し入学が許可された者(交換留学は対象外) 1年目50万円
2年目は学業報告の内容により50万円
大学経由 4月下旬
公益財団法人江間忠・木材振興財団 学部生
院生
森林、木材学分野を専攻する者
※応募の詳細は、農学部学務係まで
2万円★
(毎年継続審査有)
大学経由 4月下旬
一般財団法人
誠志ツルヤ奨学会
学部1年 長野県出身者で、食品及び直接食品に関連する分野を専攻する者 3万円★ 直接応募 5月中旬
公益信託
松尾金藏記念奨学基金
修士1年
博士1年
文学、哲学、言語学、人文地理学、文化人類学、教育学、心理学、社会学、史学等のいずれかを学ぶ日本人学生 年:100万円★ 大学経由 4月中旬
公益財団法人
吉田育英会(マスター21)
学部4年 日本の大学院修士課程に進学し、自然科学系分野を専攻する者 8万円他
(2年以内の支給)
大学経由 4月中旬
(翌年度支給)
公益財団法人
吉田育英会(ドクター21)
修士2年 日本の大学院博士課程に進学し、自然科学系分野の専攻をする者 20万円他
(3年以内の支給)
直接応募 4月中旬
(翌年度支給)
静岡ガス 学部生
院生
夜間主の学生を除く 5万円 大学経由 4月中旬
一般財団法人
鷹野学術振興財団
学部1~3年
修士1年
科学技術関係を専攻し、卒業後に「製造業」への就職を希望している者 年:60万円 大学経由 4月中旬
公益財団法人
戸部眞紀財団
学部3、4年
院生
化学・食品科学、芸術学、体育学、経営学の分野を専攻する者 年:60万円
※併給は30万円
直接応募 5月上旬
一般社団法人
イハラサイエンス
学部3年 工学部、情報学部(社会学科)、人文社会科学部、教育学部対象 2万円★ 大学経由 5月上旬
公益財団法人
エンケイ財団
学部生
院生
私費留学生は在留資格が留学であること 2万円 大学経由 5月上旬
公益財団法人
三菱UFJ信託奨学財団
学部2年 人文社会科学部(法・経済)、情報学部、工学部対象 3.5万円★ 大学経由 5月上旬
公益信託
池田育英会トラスト奨学生
学部2年以上
院生
愛媛県内の高校を卒業している者、又は保護者が愛媛県内に居住している者 1.7万円★ 直接応募 5月上旬
公益財団法人
日本国際教育支援協会
学部生
院生
日本語指導者を目指す者で本協会が平成28年度に実施した日本語教育能力検定試験に合格した者 5万円 大学経由 4月下旬
TOKAIグループ 学部生
留学生
情報学部、工学部(数理システム工学科)、人文社会科学部(夜間主の学生は除く)対象 5万円 大学経由 4月下旬
公益財団法人
日揮・実吉奨学会
学部生
院生
理工系を専攻する者 年:30万円 大学経由 5月上旬
公益財団法人
住友電工グループ
修士1年 理工系を専攻する者 3万円★ 大学経由 4月中旬
一般財団法人
村上奨学財団
学部2年 他の奨学金を受給していない者 2万円
9月から1年間
大学経由 4月下旬
一般社団法人
静岡県労働者福祉協議会
(ロッキー奨学基金)
学部2年以上
院生
静岡県内に在住もしくは勤務する勤労者の子弟 年:20万円 大学経由 5月上旬
公益財団法人
中村積善会
学部生
院生
【給付型】
留学生は4月入学の私費留学生
3万円★ 大学経由 5月中旬
【給付貸与併用型】
日本人学生
給付:3万円★
貸与:5万円
静清信用金庫 学部生 静岡県内出身の者 5万円 大学経由 5月中旬
一般財団法人
日本教育文化財団
学部1年 日本国籍を有すること 2万円★
(毎年継続審査有)
大学経由 6月上旬
朝鮮人奨学生 学部生 在日朝鮮人 1~1.5万円
(毎年継続審査有)
直接応募 5月下旬
一般財団法人
東和食品研究振興会
(森記念奨学金)
学部生
院生
食品科学に関する分野を専攻、研究している者 3万円 大学経由 6月中旬
公益財団法人
清川秋夫育英奨学財団
学部生
院生
鹿児島県内の高校を卒業し、第一次産業に貢献する志を持つ者 年:10万円 大学経由 7月上旬
四日市市科学教育奨学資金 学部生
院生
四日市市に住民登録を有する者又はその子 10万円 大学経由 6月中旬
一般財団法人長谷川財団 学部2年以上
院生
・院1年生は静岡大学出身者
・留学生は対象外
3万円 大学経由 6月下旬
一般財団法人重田教育財団 学部生
院生
日本国籍を有する者で、海外の大学又は大学院への入学が決定している者 20万円 大学経由 7月中旬
一般社団法人
大学女性協会
修士2年以上
博士1年以上
【一般奨学生】
女子学生
年:20万円 大学経由 8月中旬
学部2年以上
修士2年以上
博士1年以上
【社会福祉奨学生】
・女子学生
・身体に障害がある者等
【学部生】
年:10万円
【院生】
年:20万円
一般社団法人CWAJ
海外留学大学院女子
院生 日本国籍又は永住権を持つ女性で、TOEFLの成績が基準以上の者
年:300万円
直接応募 11月上旬
一般社団法人CWAJ
視覚障害学生海外留学
学部3年
院生
身体障害等級表による1-6級の視覚障害者
年:300万円
直接応募 11月中旬
一般社団法人CWAJ
視覚障害学生
学部3年
院生
身体障害等級表による1-6級の視覚障害者
年:150万円
直接応募 11月中旬
一般財団法人
種とまと財団
学部3、4年 ・工学、理学、情報系を専攻する者
・学部4年は学内修士への進学決定者
学部生:5万円
院生:8万円
大学経由 10月中旬
(翌年度支給)
社会福祉法人
さぽうと21
坪井一郎・仁子 学生支援プログラム
学部3年以上
院生
日本在住の外国籍及び元外国籍で下記のいずれかに該当する者
1.難民及びその子弟
2.中国帰国者の子弟及び日系定住者の子弟
3.その他
【学部生】
年:40~80万円
【院生】
年:60~100万円
直接応募 11月上旬
(翌年度支給)
公益財団法人
似鳥国際奨学財団
学部1~3年 日本国籍を有する者で2018年4月に学部2~4年の正規生 自宅生:5万円
自宅外生:8万円
直接応募 11月中旬
(翌年度支給)
公益財団法人
林レオロジー記念財団
学部2年以上
修士1年
理学、工学、農学部で「食品産業に関する」学問を習得又は学術研究を志す者 学部生:3万円★
院生:5万円★
大学経由 11月上旬
(翌年度支給)
公益財団法人
本庄国際奨学財団
院生 日本国籍を有する者で2018年4月以降に大学院に在籍又は入学予定の者 15~20万円 直接応募 10月下旬
(翌年度支給)
(株)フィックスターズ 学部生
院生
計算機科学、情報工学、電気電子工学、又はそれらに関連する化学、物理学、数学領域など、STEM分野を志望する者 年:60万円 直接応募 11月下旬
国際ソロプチミスト 学部生
院生
女子学生 年:120万円 大学経由 11月下旬
(翌年度支給)
特定非営利活動法人
日本免疫学会
院生 ・対象分野が免疫学領域全般
・2018年4月に大学院博士課程に入学予定者
年:300万円 直接応募 12月下旬

(注1)応募資格の詳細は各奨学財団の募集要項で確認してください。
(注2)★は正規の最短修業年限まで支給。
(注3)応募期限は前年度の状況です。
    募集時期が変更される場合もありますので、詳細は掲示板で確認してください。

平成29年度本学に募集のあった奨学金一覧(貸与型)

奨学団体名
(奨学金名)
対象学生 応募資格等(注1) 貸与月額
応募方法 応募期限
(注2)
公益財団法人
松藤奨学育成基金
学部生 保護者が長崎県内に住所を有する者 4.2万円 大学経由 4月下旬
浜松市奨学生 学部生 保護者が浜松市内に住所を有する者(注3) 4.5万円 直接応募 4月中旬
公益財団法人
日本通運育英会
学部1、2年 自宅:1.5万円
自宅外:2万円
直接応募 4月中旬
宮崎県育英資金 学部生 保護者が宮崎県内に住所を有する者(注3) 2.5~5万円 大学経由 4月中旬
公益財団法人
沖縄県国際交流・人材育成財団
学部生
院生
保護者が沖縄県に住所を有する者(注3) 学部生:4.5万円
修士:7万円
博士:8万円
直接応募 4月中旬
公益財団法人
山口県ひとづくり財団
学部生 保護者が山口県内に住所を有する者(注3) 4.3万円 大学経由 4月下旬
公益財団法人
宮崎県奨学会
学部1年
(※学部2年生以上は要確認)
宮崎県に本籍を有する者、又は保護者が宮崎県内に居住する者(注3) 2.5万円 大学経由 5月中旬
一般財団法人
関育英奨学会
学部2年 3万円 大学経由 5月下旬
岐阜県 学部生 保護者が岐阜県内に住所を有する者 3.2万円
(JASSOと併用は1.6万円)
大学経由 5月中旬
石川県 学部生 保護者が石川県内に現に3年以上居住している者(注3) 4.4万円 大学経由 5月中旬
石川県(緊急採用) 学部生 保護者が石川県内に現に3年以上居住している者で、家計が急変した者で主たる家計支持者が特定の項目に該当する者(注3) 4.4万円 大学経由 随時
あしなが育英会 学部生 保護者が病気、災害(交通事故を除く)、自死などで死亡したり、それらが原因で著しい後遺障害を負った者 一般:4万円
特別:5万円
大学経由 5月中旬
富山県 学部生 保護者等が富山県内に住所を有する者 5.1万円 大学経由 5月下旬
公益財団法人
交通遺児育英会(在学応募)
学部生
院生
保護者が交通事故で死亡したり、重い後遺障害を負っている者(予約応募有(9月上旬)) 学部生:
4~6万円
院生:5~10万円
直接応募 10月下旬(在学応募)
福井県 院生 保護者が福井県内に在住する者(注3) 修士:8.4万円
博士:11.7万円
大学経由 6月下旬
新潟県奨学生 学部生 保護者が新潟県内に居住する者(注3) 4.1万円 大学経由 6月下旬
福島県奨学資金 学部生 福島県内の高校を卒業した者(注3) 3.5万円 大学経由 6月下旬

(注1)応募資格の詳細は各奨学財団の募集要項で確認してください。
(注2)応募期限は前年度の状況です。
    募集時期が変更される場合もありますので、詳細は掲示板で確認してください。
(注3)日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていない者

平成29年度本学に募集のあった奨学金一覧(返還免除型:条件あり)

奨学団体名
(奨学金名)
対象学生 応募資格等・返還免除条件
(注1)
貸与月額
助成金額(注2)
応募方法 応募期限
(注3)
静岡市 学部生
院生
【応募資格】
保護者が静岡市内に住所を有する者
【返還免除条件】
・平成27年度以降の貸与者
・卒業後に静岡市の市民税所得税を完納した者
・一部奨学金が免除される場合有
2万円
※過去の貸与者は金額調整の可能性有(平成29年度)
直接応募 3月下旬
富山県奨学金返還助成制度 修士2年 【応募資格】(注4)
総合科学技術研究科(工学、理学、農学専攻)に在籍する者
【返還免除条件】
卒業後、翌年度の4月末日までに登録企業へ就業していること
年度末までに助成対象者が実際に返還した額の相当額(平成29年度) 直接応募 2月下旬
一般財団法人
エス・シー・ビー育英会
(大阪有機化学工業株式会社)
修士1年 【応募資格】
・化学に関わる専攻をする者
【返還免除条件】
大阪有機化学工業(株)で社員として5年以上業務に精励した場合
5万円
(平成29年度)
大学経由 5月上旬
株式会社プレテック 修士1、2年 【応募資格】
・電気、電子、機械、精密機械、物理、化学、情報学系を専攻している者
・修士課程修了後、入社意志がある者
【返還免除条件】
入社後、5年以上在籍した場合
8万円 大学経由 5月上旬
福井県ものづくり
人材育成修学資金
院生 【応募資格】
・理工系を専攻する者
・修了後、翌年4月末日までに県内ものづくり企業に勤務して研究開発業務に従事することを希望する者
【返還免除条件】
福井県のものづくり企業に7年間勤務した場合、全額免除
6万円 直接応募 4月下旬
一般財団法人
トヨタ女性技術者育成基金
学部1年
(高専編入生)
【応募資格】
・工学部の者
【返還免除条件】
・対象会社入社時:全額返還免除
・製造会社(技術職)入社時:半額返還免除
年:60万円
金融機関から奨学融資金を借入れした者に対し、借入期間中の利息等を給付(実質無利息)
直接応募 5月下旬
社会福祉法人
静岡県社会福祉協議会
(静岡県保育士修学資金)
学部生 【応募資格】
・教育学部の者
【返還免除条件】
卒業後1年以内に保育士登録を行い県内の指定施設で5年間継続して従事した場合は全額免除、2年以上従事した場合は一部免除の可能性
5万円
入学準備金20万円
就職準備金20万円
大学経由 5月下旬
清流の国ぎふ大学生等奨学金 学部生 【応募資格】
岐阜県内の高校を卒業した者
【返還免除条件】
卒業後6ヶ月以内に岐阜県内に居住・就業し、引き続き5年間居住・就業した場合
3万円★ 直接応募 6月上旬
山口県奨学金返還補助制度 修士1年 【応募資格】(注4)
・総合科学技術研究科(工学、理学、農学専攻)に在学する者
・卒業後山口県内の製造業に就職することを希望する者
【支給認定条件】
・修了後、翌年の4月末日までに山口県内の製造業に就業した者
補助総額:
奨学金の返還額の全額を最大で補助
毎年度補助額:
奨学金の返還額×前年度の県内製造業での勤務月数÷96月
直接応募 7月中旬
山梨県ものづくり人材就業
支援事業費補助金
(平成29年度卒業(修了)予定者)
学部生
院生
【応募資格】(注4)
理学部、工学部に在学する者
【返還免除条件】
・平成30年4月初日を基点とした10年間に、8年以上山梨県内に勤務し定住する見込みの者
補助上限額:
卒業前2年間に貸与を受けた額
毎年度補助額:
補助上限額×1/8×前年度勤務月数÷12
直接応募 8月下旬
徳島県奨学金返還支援制度 学部3、4年
修士1、2年
博士2、3年
【応募資格】(注4)
平成30年度卒業予定の者及び平成29年度以前に卒業の者(卒業予定含む)
・徳島県内に定住を希望する者
【返還免除条件】
・卒業後に徳島県内の対象業種に就業し、就業4年目から8年目までの5年間奨学金の返還支援
無利子奨学金:返還総額の1/2
(上限100万円)
有利子奨学金:利子を除く返還総額の1/3
(上限70万円)
直接応募 12月下旬
三重県地域と若者の未来を拓く学生奨学金返還支援事業 学部生
院生
【応募資格】(注4)
平成29年3月31日時点で35歳未満の者
【返還免除条件】
・最終学年の1年前の学年以上で且つ就職先が決まっていない者
・三重県で定める地域への定住を希望する者
補助上限額:
奨学金総額の1/4(上限100万)
・指定地域に4年間居住した場合1/3を交付
・8年間居住した場合残額を交付
直接応募 11月下旬
いわき市未来につなぐ人財応援奨学金返還助成制度 学部3年
修士1年
博士2年
【応募資格】
日本学生支援機構奨学金またはそれに準ずる奨学金として貸与を受けている者
【返還免除条件】
卒業後、対象企業に入社し5年以上勤務した場合
借り入れた奨学金返還額に相当する額(上限153.6万円) 直接応募 11月下旬
山梨県ものづくり人材就業支援事業費補助金
(平成30年度卒業(修了)予定者
学部3年
修士1年
博士2年
【応募資格】(注4)
理学部、工学部に在学する者
【返還免除条件】
・平成31年4月初日を基点とした10年間に、8年以上山梨県内に勤務し定住する見込みの者
補助上限額:
卒業前2年間に貸与を受けた額
毎年度補助額:
補助上限額×1/8×前年度勤務月数÷12
直接応募 2月下旬
鹿児島県大学等奨学金
返還支援候補者
(平成30年度卒業(修了)予定者)
学部3年
修士1年
博士2年
【応募資格】(注4)
鹿児島県内の高校を卒業した者、又は親権者が県内に生活の拠点を有する者
【返還免除条件】
・卒業後、翌年度の6ヶ月以内に就業していること
・就業後、原則として、鹿児島県内に定住していること
支援額:
前1年間に返還した実績額
直接応募 1月上旬
富山県奨学金返還助成制度 学部3年
修士1年
【応募資格】(注4)
理学、農学、工学部及び総合科学技術研究科(理学、農学、工学専攻)に在籍する者
【返還免除条件】
卒業後、翌年度の4月末日までに登録企業へ就業していること
奨学金の種類に応じて、年度末までに助成対象者が実際に返還した額の相当額(平成30年度) 直接応募 3月下旬

(注1)応募資格の詳細は各奨学財団の募集要項で確認してください。
(注2)★は正規の最短修業年限まで支給。
(注3)応募期限は前年度の状況です。
    募集時期が変更される場合もありますので、詳細は掲示板で確認してください。
(注4)日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている者 


PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要になります。
以下のサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。
Adobe ReaderAdobe Readerはこちらからダウンロードできます。

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。