国立大学法人 静岡大学

静岡大学グローバル共創科学部(仮称)の設置申請と地域創造学環の学生募集停止等について(お知らせ)

2022/04/26
ニュース

1 グローバル共創科学部(仮称)の設置申請について

静岡大学は、令和4年3月に「グローバル共創科学部(仮称)」(学生定員115名)を設置する申請を文部科学省に提出しました。グローバル共創科学部(仮称)は、社会的課題が多様化・複雑化する現代社会において、多様な人々と協働し、人文・社会科学から自然科学に至る広汎な知を繋ぐことで、複眼的な視点から社会的課題を捉えるとともに、「総合知」を創造・活用しながら、未来社会を構想・デザインできる「共創型人材」を育成することを目的としています。この新学部では、本学が有する6学部の教育成果を融合するとともに、地域創造学環を発展的に取り込みながら、新たな教育を目指します。

グローバルな課題とローカルな課題が連動している現代においては、食糧問題、エネルギー利用の制約、地球温暖化等の課題に取り組む必要がある一方で、地方創生や地域課題の解決にも取り組む必要があります。具体的には、基幹産業である自動車産業のEV化や自動運転化等に伴う社会変化への対応、農業における人材不足の解消や農作物のブランド化を目的としたスマート農業の導入、高齢化を踏まえた健康長寿・ウェルネス・ヘルスケアの推進、SDGsや多文化共生の推進などです。本学部が輩出する「共創型人材」が、これらの解決に寄与することを目指します。

グローバル共創科学部(仮称)には、次の3コースを設置する予定です。

≪国際地域創造学コース≫
未来の社会をデザインする上で、静岡県や日本を起点にしつつ、地球全体の利益の観点から、地域と世界を架橋し、社会における包摂と積極的な調和を図っていくことのできる人材を育成します。

≪生命圏循環共生学コース≫
グローバルな動向を視野に入れつつ、旧来の産業社会では開発が困難であった、エネルギーや食料、材料、社会インフラなどの再生可能かつ循環型の技術を開発し、ローカルとグローバル双方で社会実装できる人材を育成します。

≪総合人間科学コース≫
全ての人が心身共に健康で安全・安心に過ごせるように、人間の心と身体の繋がり(絆)、環境との共生を積極的にプロデュースし、マネジメントできる人材を育成します。

今後は、令和5年4月の開設に向けて、引き続き準備を進めてまいります。また、「グローバル共創科学部(仮称)」に係る情報は随時本学HP等においてお知らせします。

2 地域創造学環の学生募集停止等について

グローバル共創科学部(仮称)の設置に伴い、地域創造学環は令和5年4月入学予定者の学生募集は行いません。また、既設6学部の入試では募集人員の変更を行う予定ですので、その情報は随時本学HP等でお知らせします。

地域創造学環への入学を目指していた方をはじめとする受験生の皆様には、地域創造学環の教育成果を組み入れたグローバル共創科学部(仮称)を進路選択の一つとして考えていただければ大変うれしく思います。なお、在学生の方への教育は就職支援を含め、これまでどおり実施します。

静岡大学はこれからも、国際感覚と高い専門性を有し、チャレンジ精神にあふれ、豊かな人間性を有する教養人の育成に取り組んでまいります。

国立大学法人静岡大学長 日詰一幸

申込み方法・問い合わせ先:

【問い合わせ先】
◆グローバル共創科学部(仮称)の設置申請について
企画部企画課 
TEL:054-238-4000

◆グローバル共創科学部(仮称)の入試について
学務部入試課
TEL:054-238-4464

◆地域創造学環について
学務部地域連携推進課
TEL:054-238-4311