国立大学法人 静岡大学

Mt.富士ヒルクライム8位入賞! サイクリング部SUCC 山口瑛志さん(理学部) 優勝!サイクリング部OB 真鍋晃さん

2022/07/08
部活動

6/12に開催された「Mt.富士ヒルクライム」。
世界遺産・富士山を舞台とし、富士スバルラインを走行する日本最大級のヒルクライムレースで、サイクリング部SUCC山口瑛志さん(理学部)が8位入賞しました。
さらに、サイクリング部OBの真鍋晃さんが優勝しました。

山口さんらが出場したのは一般の部ではなく、主催者選抜クラスで、Mt.富士ヒルクライムにおける過去の成績、国内主要市民レースの成績を総合的に考慮し、主催者が選抜した約80名の選手が出場しました。
雄大な富士山を舞台に、富士北麓公園(標高1,035m)をスタートし、富士山五合目を目指す約24kmのコース。
大会当日は、前日の雨空とうって変わり、雲の隙間から富士山がその姿を見せ、例年雨の中開催されてきたが、レース中から下山まで天気が味方し、絶好のレース日和となりました。

■8位入賞した山口瑛志さん(理学部)
「入賞できるとは思ってもなかったのでびっくりしました。ただ、優勝した真鍋さんや上位の人とはすごく力の差を感じました。レース前後はとても楽しく、色々な人と交流できた良い機会となりました。来年はもっと強くなって楽しめるようにしたいです。」

なお、大会にはサイクリング部10名が出場し、24㎞のコースを10名全員が完走を果たし、頂上では埼玉大学サイクリング部の部員と勇姿をたたえあうなどの交流もありました。
また、大会期間には様々なメーカーの自転車試乗や、プロ選手の紹介など3年ぶりの本格開催に会場は素晴らしい盛り上がりを見せました。

■以下部員からのコメント
「例年雨の中開催されているとのことでしたが、今年は天気にも恵まれ快適に走ることができました。車も歩行者も気にせず大勢のローディーとともに走ることができるのはレースならではで、とても楽しかったです。なにより、トップレベルの参加者と同じコースを走ることで、トップの方々のすごさを身をもって感じましたし、少しでも上を目指したい!とやる気が湧いてきました。」
(教育学部 胸組稜加)

「会場は普段見ることの無いような量のロードバイクで埋め尽くされていて、非日常的な空間にとてもワクワクしました!」
(人文社会科学部 高林恵多)

「初めてレースに出ましたが、無事に完走することができました。24㎞の上り坂は、長く辛いものでしたが、自分の足で登り切ったという達成感と、このレースでしか見ることのできない、頂上にずらりと並んだ完走者たちの自転車に感動しました。初挑戦でしたが、部活の先輩達のおかげでとても良い思い出になりました。」
(教育学研究科 竹下琴里)


Mt.富士ヒルクライム
スタート: 富士北麓公園(標高1,035m)
フィニッシュ:富士山五合目
距 離: 25km(計測部分24km)
標高差: 1,270m(計測部分1,255m)

JP / EN