国立大学法人 静岡大学

令和4年度静岡大学秋季学位記授与式を挙行しました

2022/09/14
ニュース

令和4年9月12日に令和4年度静岡大学秋季学位記授与式を挙行しました。今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、式典への出席を各学部・研究科等の卒業生・修了生本人のみに限定し、ご家族の皆様のためにライブ配信を実施しました。
式典は静岡キャンパス(大学会館ホール)、浜松キャンパス(S-Port大会議室)それぞれの会場で挙行し、本学が取り組んでいるアジアブリッジプログラム(ABP)学士課程の第4期生及び修士課程の第6期生を含む、学部卒業生51名、大学院修士課程修了生51名、大学院博士課程修了生24名、14ヶ国の学生が卒業・修了を迎えました。

日詰学長からは、「新型コロナウイルス感染症の影響で学びや研究に大きな制約が伴う状況にあっても、皆さんは決して落胆することなく、与えられた時間の中で、勉学を続けてこられました。このような特別な時期にあって、皆さんが払われた努力は称賛に値するものです。」「卒業生・修了生として、気軽に静岡大学へ戻ってきてください。社会で活躍する皆さんと再会できることを心より楽しみにしています。」との告辞が英語でありました。

これに対し、卒業生・修了生を代表して、人文社会科学部法学科 KONGPITCHAYANOND PHIANGNAPA(コンピッチャヤノン ピアンナパ)さん(静岡キャンパス)、総合科学技術研究科工学専攻 JILANI ANSARI(ジラニ アンサリ)さん(浜松キャンパス)から、学長をはじめとする教職員等への謝辞がありました。

静岡大学管弦楽団による演奏

静岡大学管弦楽団による演奏

学位記授与式の様子(静岡キャンパス)

学位記授与式の様子(静岡キャンパス)

学位記授与式の様子(浜松キャンパス)

学位記授与式の様子(浜松キャンパス)

学長告辞

学長告辞

2022 Autumn Graduation Ceremony: President's Address

On behalf of Shizuoka University, I would like to extend our heartfelt congratulations to the 126 graduating students at both campuses across all undergraduate, graduate, and postgraduate programs. Last year, we reduced the scale of our graduation ceremony due to the skyrocketing COVID-19 infection numbers and the declared state of emergency. Nevertheless, while the COVID-19 pandemic is still not over, we have implemented infection prevention measures. As a result, I am delighted to be able to hold this year's ceremony in this hall with all of you graduating students.

Now, today, you have all received your degrees in various specializations. I would like to express my heartfelt respect for the efforts of each and every one of you who have devoted yourselves to daily study, while engaging in friendly competition, in an environment so unlike your home countries. I hope that your research findings will prove to be invaluable in the years to come.

I am sure that your families, friends, and those who have supported you will be happy to see you graduate and complete your studies. I believe that thanks to these people, you have been able to earn your respective degrees today.

COVID-19 has been rampant throughout Japan for two years, significantly restricting your studies and research at Shizuoka University. Nevertheless, these circumstances have not discouraged you. You have continued your studies to complete your respective courses in the allotted time. I believe that you deserve kudos for all your hard work during this extraordinarily challenging time.

COVID-19 has had various effects on academic education and research worldwide. Shizuoka University has also expanded its online education options to protect all of our people from the virus. It turns out that this form of instruction holds new possibilities. Online instruction consistently receives positive feedback in the student surveys we have conducted. In the future, the experience gained so far should prove advantageous in further developing classes that combine face-to-face and online learning.

However, due to the many online classes needed due to COVID-19, we have also learned the downsides of this approach. We recognize that this situation has robbed you all of opportunities to speak with each other and build close relationships. Another unfortunate effect is that COVID-19 prevented international travel, making it difficult to interact with people worldwide. However, a welcomed change is that the Japanese government now understands the negative impact of reduced global exchange. Thus, it is much more relaxed in its treatment of international students coming to Japan than in the past.

While an end to the COVID-19 pandemic is still not in sight, it is encouraging to see that even under these circumstances, university faculty members across the globe are promoting various educational and research efforts in anticipation of the post-COVID era. I believe these projects are possible because of the nature of academia, in which academic freedom is guaranteed. I am convinced that even in these difficult times, university faculty members worldwide will maintain solidarity in working to open up a new society.

Many international students attending this ceremony are a part of the Asia Bridge Program (ABP). We started the program seven years ago, at the request of companies located in Shizuoka Prefecture. Many of these firms are expanding throughout Asia. They need talent who can act as a bridge between the companies and the local people. These companies have made significant donations to establish scholarship programs to provide financial support to our ABP students. Fortunately, many ABP graduates have found positions at these companies, playing crucial roles as expected.

The ABP has also turned a new page for Shizuoka University. The program has had corporate support from the beginning, creating an extraordinarily diverse educational and research environment, unlike anything the University had before. Until this program began, most Japanese university students would rarely have the opportunity to take classes in English with international students or discuss research in foreign languages. However, the ABP has made these situations possible. I want to thank all the international students in the ABP for creating such a novel environment at Shizuoka University.

Naturally, we have accepted many international students for our doctoral programs and other courses unrelated to the ABP. These international students have also significantly contributed to the diversity at Shizuoka University, and I want to express my heartfelt gratitude for such a gift.

Finally, I remind you all that Shizuoka University is now your alma mater. I hope that we can stay connected with all of you. I welcome you all to visit Shizuoka University any time, as we are always pleased to see our alums. We sincerely look forward to reuniting with you once you have begun your careers.
Now, I would like to extend my heartfelt congratulations to each and every one of you.

卒業生・修了生代表KONGPITCHAYANONDPHIANGNAPAさん謝辞(静岡キャンパス)

卒業生・修了生代表 KONGPITCHAYANOND PHIANGNAPAさん謝辞(静岡キャンパス)

卒業生・修了生代表JILANIANSARIさん謝辞(浜松キャンパス)

卒業生・修了生代表 JILANI ANSARIさん謝辞(浜松キャンパス)

令和4年度秋季学位記授与式 学長挨拶

静岡大学両キャンパスの総勢126名の卒業生・修了生に対し、静岡大学を代表して心よりお祝いを申し上げます。昨年の学位記授与式はCOVID-19の感染者が増大し、緊急事態宣言が発出されていたため、式典の規模を縮小して実施致しました。しかし、今年はCOVID-19がいまだ収束していませんが、感染予防を施し、このように卒業生・修了生が一堂に会して式典を行うことができますことを、私は大変うれしく思っています。

さて、本日皆さんは様々な専門分野で学位を取得されました。これまで母国とは異なる環境の中で、お互いに切磋琢磨しながら日々の研鑽を積み重ねてきた皆さん一人一人の努力に心より敬意を表します。そして、これまでの研究の成果が皆さんのこれからの人生においても大いに役立つことを願っています。

皆さんのご家族や友人、そして皆さんを支えてきた周囲の人々も、皆さんの卒業・修了を喜ばれていることでしょう。今日、皆さんがそれぞれの学位を得ることができたのも、これらの方々のおかげであると思います。

2年前から日本でもCOVID-19がまん延し、その影響で静岡大学での皆さんの学びや研究には大きな制約が伴いました。しかし、そのような状況の中にあっても皆さんは決して落胆することなく、与えられた時間の中で、それぞれの課程を終えるべく勉学を続けてこられました。私は、このように特別な時期にあって、皆さんが払われた努力は称賛に値するものであると考えます。

COVID-19は世界中の大学の教育や研究に様々な影響をもたらしました。静岡大学でも、皆さんがウイルスの感染から守られるように、オンライン教育の拡大に取り組みました。そして、このような授業の形態が新たな可能性を持っていることがわかりました。私たちが皆さんに行ったアンケート調査においても、オンライン教育は一定の評価を得ています。今後、これまでの経験をもとに、対面とオンラインを組み合せた授業をさらに発展させていていくことが期待されていると言えます。

しかし、COVID-19の影響でオンライン授業が多くなされることにより、マイナスの面も指摘されるようになりました。私たちは、皆さんがお互いに語り合い、親しい関係を築いたりする機会を奪うことにもなっていることを理解しています。そして、残念なことにCOVID-19は皆さんが国境を越えて移動することを阻み、世界中の人々との交流を行うことを難しくしてしまいました。しかし、そのことの弊害を日本政府も理解し、現在は渡日する留学生への対応がこれまでと比べ、大分緩和されるようになってきたことは歓迎すべきことだと思います。

今の時点において、COVID-19の収束を見通すことはできませんが、このような状況の中にあっても、世界中の大学教員がポスト・コロナの時代を想定して様々な教育・研究を進めていることはとても心強いことです。そのような取り組みは、自由な研究活動が保証されているアカデミアであるからこそできることではないかと考えています。私は、このような困難な時期にあっても、世界中の大学教員が連帯して、新しい社会を切り拓く取り組みを進めて行くことを確信しています。

この式典に参加している留学生の多くは「アジアブリッジプログラム(ABP)」に所属していると思います。私たちは、静岡県内の企業の要請を受けて、7年前にこのプログラムを開始しました。静岡県内企業の多くはアジア各国に進出しており、そこで働く現地の人々と会社とを橋渡しする人材を求めています。このような企業は、ABPの学生を経済的に支援する奨学金制度を創設するために多くの寄附を寄せて下さいました。幸いなことに、ABPの卒業生の多くがこれらの企業に就職し、そこで期待通り重要な役割を果たしています。

ABPは、このプログラムがはじめから企業のサポートを受けていること、そしてかつてないほど多様性に富んだ教育・研究環境をもたらしてくれたことでも、静岡大学にとって新たなページを開くものとなりました。このプログラムが始まるまで、多くの日本人学生は、留学生と共に英語で授業を受け、研究について外国語でディスカッションをすることは稀なことでした。それが、ABPのプログラムにより可能となったのでした。私は、ABPに所属する留学生の皆さんが、静岡大学にこのような新たな環境をもたらして下さったことに感謝をしています。

もちろん、私たちはABPのプログラム以外に博士課程やその他のコースに多くの留学生を受け入れてきました。これらの留学生の皆さんも静岡大学の多様性に大きな貢献をして下さっており、そのことに心より感謝をしたいと思います。

最後になりますが、静岡大学は皆さんの母校です。そして、私たちはみなさんとこれからも繋がっていたいと思います。皆さんは、この後も卒業生・修了生として、是非気軽に静岡大学へ戻って来てください。私たちは社会で活躍する皆さんと再会できることを心より楽しみにしています。
今一度、皆さん一人一人に心よりのお祝いの言葉をお伝えして、私からの挨拶とさせていただきます。

JP / EN