国立大学法人 静岡大学

韓国公州大学校師範大学の李明熙(イ・ミョンヒ)教授が来学

2024/01/31
ニュース

令和6年1月30日、韓国公州大学校師範大学の 李 明熙(イ・ミョンヒ)教授が来学し、森田 明雄 理事、馬居 政幸 名誉教授らと対談しました。
李教授は、韓国研究財団からの依頼を受け、韓国でも深刻化する少子化や地方人材の都市部への流出に対する政策研究の調査のため来日しました。
対談では、森田理事から令和5年度に開設したグローバル共創科学部における特色ある人材育成や、地方国立大学としての役割や使命を踏まえた地元自治体や民間企業との連携などについて説明し、韓国と日本、それぞれが抱える社会的課題の中での大学の在り方について意見交換を行いました。
意見交換終了後は、キャンパスミュージアム及び大学文書資料室を見学しました。

意見交換する李教授(左上)、馬居名誉教授(左下)、熊倉啓之教育学部長(右上)、森田理事(右中央)、池田恵子グローバル共創科学部長(右下)

意見交換する李教授(左上)、馬居名誉教授(左下)、熊倉啓之教育学部長(右上)、森田理事(右中央)、池田恵子グローバル共創科学部長(右下)

大学文書資料室にて山本義彦名誉教授(中央)から旧制静岡高等学校のジオラマの説明を受ける李教授(左)と馬居名誉教授(右)

大学文書資料室にて山本義彦名誉教授(中央)から旧制静岡高等学校のジオラマの説明を受ける李教授(左)と馬居名誉教授(右)

JP / EN