HOME > 輝く静大生 > 理学部守谷研究室が静岡新聞で紹介されました 次世代蓄電池「全固体電池」-「脱炭素社会」実現に向けて高まる期待-

輝く静大生

理学部守谷研究室が静岡新聞で紹介されました 次世代蓄電池「全固体電池」-「脱炭素社会」実現に向けて高まる期待-

2021.02.24

▲静岡新聞(2/19付夕刊4,5面)

理学部守谷研究室が静岡新聞(令和3年2月19日(金)夕刊4、5面)の「こちら女性編集室」欄で紹介されました。
記事は、次世代蓄電池として実用化への期待が高まる「全固体電池」の研究に関するもので、守谷先生の未開拓の領域に挑むきっかけと研究の魅力とともに同研究室の生木泉圭さん(4年生)と小川真南さん(4年生)の研究に懸ける想いが紹介されています。


輝く静大生一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。