国立大学法人 静岡大学

構内交通規制

静岡キャンパス構内交通規制

静岡キャンパスへは、自動車以外の交通手段により通学してください。

構内における交通事故及び騒音の防止のため、静岡キャンパスにおいては構内への車両の乗り入れ規制を実施しています。

自動車

自動車の構内への乗り入れは、原則として禁止します。ただし、以下の理由がある者については、大谷地区交通対策委員会の許可を得て、規制区域内の駐車場へ駐車することができます。許可を受けようとする者は、所属学部・研究科の学務係等に申し出てください。

  1. 身体的な理由等の特別の事由がある者
  2. その他病院への通院等のため日を限って自動車で通学する必要がある者

※許可を受けた自動車は必ず指定された駐車場に置き、大学の敷地外、職員宿舎及び学生寮周辺には駐車しないこと。

自動二輪車等

自動二輪車等(自動二輪車及び原動機付自転車)の構内への乗り入れは、原則として禁止します。ただし、自動車の場合と同じ条件により許可を得た者は、規制区域内の駐輪場へ駐輪することができます。

駐輪場利用心得

自転車又は自動二輪車等で通学する学生は、学内の指定された駐輪場に駐輪してください。また、駐輪場を利用する際には、以下の諸点に注意してください。

  1. 白線の指示に従って奥から順序よく駐輪し、通行の妨げにならないように注意すること。
  2. 白線の矢印部分(通路)及び黄色斜線部には駐輪しないこと。
  3. 盗難防止のために必ず旋錠すること。駐輪場における二輪車の盗難及び損傷について、本学は一切責任を負いません。

自転車と自動二輪車等では利用できる駐輪場が異なりますので、以下に指定された専用の駐輪場を利用してください。

【自転車】

駐輪場 場所 主な利用学部
第1駐輪場 東名高架南側 全学共用
第2駐輪場 稲妻階段下 人文社会科学部、教育学部、理学部、地域創造学環
自転車専用駐輪場(仮設) 「静岡大学」バス停西側 全学共用
自転車専用駐輪場 守衛所南側 農学部

【自動二輪車等】

駐輪場 場所 主な利用学部
第2駐輪場 稲妻階段下 人文社会科学部、教育学部、理学部、地域創造学環
バイク・オートバイ専用駐輪場(仮設) 守衛所北側 農学部

その他の主な規制

  1. キャンパス周辺の住民等に迷惑を掛けるような駐車・駐輪は絶対にしてはいけません。
    周辺の道路や店舗等敷地には駐車・駐輪しないこと。
  2. 構内では、歩行者の通行が最優先されます。
  3. 構内では、20㎞/h以下で走行してください。
  4. 上記の交通規制は、大学の休業期間及び昼夜を問わず適用されます。

大谷地区交通規制案内図

大谷地区交通規制案内図

規則

浜松キャンパス構内交通規制

浜松キャンパスへは、公共交通機関、自転車又は徒歩により通学してください。

構内における交通事故及び騒音の防止のため、浜松キャンパスにおいては構内への車両の乗り入れ規制を実施しています。

自動車

全面乗り入れ禁止です。ただし、身体的な理由等、特別の理由がある者については、城北地区交通対策委員会の許可を得て乗り入れることができます。

許可を受けようとする者は、浜松学生支援課学生支援係又は創造科学技術大学院係に申し出てください。

自動二輪車等

住居が浜松キャンパス(中央噴水)から直線距離で1.0㎞以上の者で、公共交通機関の便が特に悪いなどの理由から、自動二輪車等(自動二輪車及び原動機付自転車)による通学を希望する者は、浜松学生支援課学生支援係又は創造科学技術大学院係に申し出てください。

通学を許可された場合には、許可証(ステッカー)が交付されますので、自動二輪車等の前から良く見える場所に貼ってください。

なお、駐輪場の収容可能台数を超過した場合は、許可しないことがあります。

自転車

新入生ガイダンス又は浜松学生支援課学生支援係/創造科学技術大学院係において交付された許可証(ステッカー)を自転車の良く見える場所に貼り、所定の駐輪場に駐輪してください。

その他の主な規制

  1. キャンパス周辺の住民等に迷惑を掛けるような駐車・駐輪は絶対にしてはいけません。
    周辺の道路や店舗等敷地には駐車・駐輪しないこと。
  2. 車両(自転車を含む)は、必ず学内の所定の駐車場又は駐輪場に置いてください。
  3. 自動二輪車等を乗り入れる者は、守衛が許可車両であることが確認できるよう、また、事故防止のために必ず正門守衛所前で一旦停止してください。
  4. 構内では、歩行者の通行が最優先されます。
  5. 構内では、20㎞/h以下で走行してください。
  6. 構内における移動には、車両(自転車を含む)を使用してはいけません。
  7. 上記の交通規制は、大学の休業期間及び昼夜を問わず適用されます。

規則

JP / EN